近畿大学水産研究所
お問い合わせ サイトマップ プライバシーポリシー リンク
English
沿革と概要 養殖研究 品種改良 教育・スタッフ 研究所のご案内
ホーム > 品種改良 > 研究成果

研究成果

交雑
異なる魚の特質を受け継ぐ交雑魚の研究を行い、1964年に初めての交雑魚となるマダイ(雌)とクロダイ(雄)の交配に成功し、その後数多くの組み合わせによる交雑種を作出しています。



選抜
優れた形質をもつ子を選んで育て、その中からさらに優れたものを選ぶことを繰り返して優良品種を作り出す方法で、天然魚よりはるかに優れたマダイが誕生しています。


バイオテクノロジー
マダイのクローン魚やヒラメの雌化に成功し、トラフグの雄化に関する研究などを行っています。


[▲このページのトップへ]
近畿大学